お問い合わせ

無垢材と手仕事で作る
本物の「木の住まい」

無垢材と
手仕事で作る
本物の「木の住まい」

安心して子育てのできる家
守りの中にいるように心安らぐ家
永く住み継いでいきたい家を
私達は作り続けます。

奥平工務店について

奥平工務店は昭和16年に創業して以来、一貫して木造住宅の建築に携わってまいりました。長年つちかい継承されてきた技術を用いて、自然の素材である木材の特性を最大限に生かした家作りを続けております。

丁寧に家を建てているので
年間四棟しか
建てられません。

OKUHIRAの

弊社は小さな工務店です。皆さんがご存知の大手住宅メーカーとは比べ物になりません。
しかしながら、私達は小さな会社だからこそ出来る家作りがあると考えています。
例えば、お客様の家が完成するまでの工程を、それぞれの担当者や下請け業者が分担する住宅メーカーと違い、
当社では社員全員で直接お客様からお話を伺い、議論を重ね図面化し、職人として責任を持って施工します。
つまりお客様の家作りに対する要望を、ストレートに形にすることができます。

  • 適材適所

    木材はひとつとして同じものはありません。どのように使えば強いのか、どのように使えば美しいのか、一本一本手に取り吟味して、どこに使うのかを決めるための工程「木配り」を行っています。木材を正しく使い、その良さを十分に引き出したいと考えております。

  • 価格について

    家を建てるという事は一生に一度の大きなお買い物。建築費用はなるべく家そのものにかけたいというお客様の気持ちに応えるための努力は惜しみません。良質な材料と確かな技術により建てられた家は、どこよりもコストパフォーマンスが高いと自負しております。

  • 耐震・耐久性について

    伝統的な在来軸組工法をベースにしていますが、耐震性も昔のままではいけません。構造材の仕口や継ぎ手を計算書に基づいた指定金物でしっかりと補強しています。大きな材料をふんだんに使用した家は、骨太で強い建物であることは一目瞭然。そのような建物が長持ちすることは、古くから残る寺社仏閣や古民家が証明しています。