お問い合わせ

梁の話

梁は何年も乾燥させ、やっと出番が来た丸太を加工して作ります。ですのでミスはもちろん許されませんし、より丁寧な仕事をしようと気が引き締まります。
角材と違い弧を描いていますし、末(木の上の方)と元(木の下の方)の太さも違います。どのような姿にするか、どれくらいの角度で使うかは刻む職人の感覚に委ねられます。
しばらく丸太を眺め、完成した姿を想像していざ刻み。筆で一本の線をスッと引いたような美しい姿をいつも目指していますが、職人の独りよがりでむりやり形作るのではなく、その材の良さを十分に引き出す事も併せて意識して削っていきます。
丸太から梁を作ったあとは、束や桁が組まれる部分の仕口やほぞ穴の墨付けをして刻みます。最終的にかんながけや塗装をして仕上げ、ひとまず完成です。しかしここではまだ安心できません。やはり実際に組み上げ、ピタリと収まっている姿を見てやっとひと安心です。
下から眺め、思い描いた通りの小屋組みとなるとやはり感慨もひとしお。さらにはお客様に喜んでいただけたらなおさらですね。

梁